08 月<< 2017年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お世話になっているringo@sweets factory oneさんの料理教室(不定期開催)に行ってきました。
料理ができない私、以前から頭の中では「やらなぁいかん!」と考えつつも先送りにしてしまい、やらず終い。
そんな私の料理を始めるきっかけとして参加してきました。受験目前の娘と一緒に。

マクロビなのでハードルが高いイメージでしたが、思っていたよりそうではありませんでした。
メニューはこちら↓

DSCF2398.jpg

女性ばかりの受講者でしたが、野菜セットのお客さんもいらっしゃたので気楽な感じでした。
DSCF2392.jpg

出来上がり!
ringoさんの畑ごはん(ランチ)が作れました。
DSCF2395.jpg

自分の作った野菜を丁寧に使って頂き、また野菜そのものの味や風味を生かして頂き、おいしい料理にして頂き、本当にありがとうございます!
野菜たちも喜んでいるように見えました。

頑張って料理したいと思います。(この冬の課題だぁー)
スポンサーサイト
今年初めての更新です。
今年も宜しくお願いします。


人参について書いてみます。

夏(8月)に種蒔きして、11月下旬くらいから収穫ができるようになりました。
暖かくなる前まで畑にそのままおいておき、都度収穫します。

人参の栽培は大根などに比べ少々難しいですし、意外と手間が掛かる野菜です。

種蒔きですが、人参の種は好光性の為、覆土は薄くし、気を使って作業します。
また、人参の種は比較的発芽率が低い為、種蒔きは厚めに蒔きます。
また、せり科で、種を蒔く時期が夏ということもあり、きちんと水遣りをしないと発芽に大きく影響します。
次に間引きの作業ですが、これが私にとっては一番大変な作業です。
かなり地味な作業ですが、こうゆうのが意外としんどいです。
間引きと同時に、草刈りと土寄せをし米ぬかを振ります。
ここまで順調にくれば、出来たも同然です。

DSCF1104.jpg


今シーズン、特に注力した作物で、たくさん作付けしましたし、手を掛けました。
その甲斐あってか、我ながら立派ないい人参が出来たと感じてます。
自然農の人参は、香り豊かで甘いです。
生でスティックにして食べるのが、一番おいしいですよ。

DSCF1095.jpg
先日のクリスマスマスイブにringo@sweets factory oneさんのランチ(畑ごはん)を頂きました。
妻は都合が悪かった為、子供と三人で。
クリスマス特別バージョンで、見た目もクリスマスらしい彩りで、とてもおいしかったです。
使われている野菜のほとんどが土環自然農園の野菜とのことで、本当に感謝ですし、本来の野菜のおいしさ以上に引き出して頂いて生産者冥利に尽きます。

DSCF1233.jpg

メニューです。
DSCF1229.jpg

全部おいしかったですが、特に私はごぼうと生姜のひえポタージュがすばらしくおいしかったです。
生姜が利いた体が温まるスープでした。
植物性食材主体の動物性食材や砂糖など使っていないのに、子供たちも満足のランチでした。
先週からですが新しい販売先、ringo@sweets factory one さんのご好意で、毎週火曜に野菜を販売させて頂くことになりました。
感謝です。
毎週火曜日13時~水曜での販売になります。
今日は配達で伺った際にお店におられたご夫婦のお客さんが、たくさん買って頂き、少しお話も出来ました。
直接、お客さんから励ましのお言葉を頂き、とてもモチベーションが上がりました。
「頑張らなきゃ」って。
また、ランチの材料にもご使用頂く事になりました。
飲食店関係では初めてのつながりとなります。
その内、食べに行きたいです。

妻が元々お気に入りでのご縁のringo@sweets factory oneさんは閑静な住宅街にある、かわいいカフェです。
こちらでは、動物性食材の使用は控え、また食材もオーガニックのものを使用して作られたケーキやクッキー、マクロビのおいしくヘルシーなランチが味わえます。
わが家のバースデーケーキは、こちらでいつも買わせて頂いています。

今後とも宜しくお願いします!
IMG_3630.jpg
GWは農繁期です。雨天だった5/1以外は全て畑へ。
そんな中、昨夜は実家で妹夫婦、親戚が集いBBQをしました。

サラダの差し入れをしたものを写真に残しておきました。
カキチシャ、焼肉を包むレタスですね。
初めて作りました。
DSCF0918.jpg

それからミックスサラダ。
ドレッシングは妻のお手製、野菜の味が際たつ感じです。
DSCF0919.jpg

結構、レタスは良い形になってきました。
DSCF0917.jpg

疲れが溜まってきています。
いつもとは違うGW、というかGWという感じがしないGWでした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
 

プロフィール

towa

Author:towa
訪問ありがとうございます。

 
 

野菜を食べてくださる方へ

私たち家族は、家族全員のアレルギーや腸疾患の闘病から、添加物を使わない食事、 化学物質を使わない自然な暮らしを心がけるようになりました。
そして、現在は、農薬や化学肥料を使わず、自分たち家族が安心して食べられるお野菜を作っています。
動物性の肥料を使わず(家畜に対する抗生物質の使用状況や飼料の確認ができないので)、水や栄養もできるだけ自然の状態のままに栽培しています。
過剰な栄養を与えないため、小ぶりのお野菜もありますが、エネルギーがぎゅっと詰まっていておいしいですよ。
 

無農薬・無化学肥料の野菜

一般に「無農薬」という場合、「除草剤や、殺菌剤といった、農作物に被害を与える生物を防ぐ 為の薬剤を使わないで栽培すること」をさします。
しかし、実際には無農薬という表現の定義は難しいようで、もし水をまいて虫が死んだら、極端に言えば水は農薬なのか?ということになってしまいます。
有機栽培にも認定された農薬は使われています。
農薬の問題だけでなく、土壌消毒も一般的に行われているようですし、無農薬であっても肥料はいろいろなものが使用されていることもあります。
一方、自然農法は、安定した収穫は難しく市場に出回りにくいという面もあります。
このように考えると、何が良くて何が悪いか、簡単な基準で決めることはできない気がします。
“土環自然農園の野菜”は、私たち家族が安心しておいしく食べられるもの、という基準で作っています。 「無農薬だったらいい」という画一的な基準で考えるのではなく、子どもの成長に、お薬を使ったり、合成サプリメントをたくさんとらせたりしない方が、自然でたくましく成長できるのと同じように、薬を使わなければ良いということではなく、あくまで自然であること、野菜本来の姿であることが大切だと考えています。
これは、闘病生活の中で、私たちが自分たちの健康を考えてきて得た答えでもあります。
だから、農薬も化学肥料も使わず、必要以上に手を加えることもなく、大切にあるがままに育てています。
    農薬の必要がない元気な野菜。
    自然と調和した野菜。
そんな自然の恵みをいただくことで、人間も自然の一部であるという、本来の姿でいられますように。
食べたものが、体を作り、元気なエネルギーになりますように。
体にも、環境にも優しい暮らしを大切にしたいという思いで、できることから少しずつ。
      よろしくお願いいたします。
 
 
 

全記事表示リンク

 
 
 

facebook

畑の様子をアップしていきます(^◇^)

 

お問い合わせ先

TEL 090-6574-2800  towa-shizen@yahoo.ne.jp

 

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

検索フォーム

 
 
 

メールボックス

こちらは、私の個人アドレスに直接届きます。アドレスや、内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。